『学び合い』の話

『学び合い』5回目:"最後の一人"は難しい

昨日で、支援校での『学び合い』の授業はひと段落。 同期の現職さんに課題を見てもらったり、プロトコル分析(の真似事)を通して生徒の会話を聞いたりしながら準備を進めたせいか、前回のような大失敗にはならず、わりと上手くいった方だった。 ただし、あと…

『学び合い』4回目:失敗したけど見えたもの

支援校での『学び合い』の授業は本日で4回目。 端的にいうとなかなかの失敗。ただし、得たものもあった。 失敗その1→開始20分で全員が終えてしまうような課題を作って提示してしまった。今日の課題は、人と関わるという枠を取っ払ったので、生徒たちがどれく…

関わることを強制していないかい

明日の授業に向けて、課題の見直しをした。 形式にこだわっていたなぁ、と反省。「○○について説明して、クラスメイト3人にサインをもらう」というのが定番ではあるのだが、そもそも「この課題は説明するに値するのか、説明する必然性がある課題なのか」とい…

『学び合い』3回目:目標・学習・評価の一致

支援校での『学び合い』の授業3回目。 今日は1つ大きな失敗をしてしまった。 語りと目標と課題が一致していなかったのだ。 最初の語りでは、主に ①AIが台頭する今後の社会でなくなる仕事、なくならない仕事 ②課題達成のレベル(とりあえず終わらせることで満…

『学び合い』2回目の変化

本日、支援校での『学び合い』授業2回目。 前回、授業後分析をしたら反省点が山積みの状態だった。途中でつらくなってここに逃げてきてしまうくらい。 まぁ、最初から上手くいくことなんかないのは頭ではわかっているのだけれど。頭でわかっているのと実際目…

『学び合い』で顕在化すること

今日は支援に入っている学校で、初めて『学び合い』の授業をした。 結果は想定内というかなんというか。 見事に改善点が顕在化した。 授業の映像を見ながら分析している最中だが、ちょっとつらくなってここで言語化している。 問題点は上げればきりがないの…

飛び込み授業のリフレクション

飛び込み授業の興奮冷めやらぬ状態から一夜明けて、日常へとテンションがチューニングされてきた。 現段階で言語化できていることを、忘れないうちに記しておこうと思う。 今回私が担当したのは、2時間続きの授業の1時間目。最初の語りの内容は事前にある程…

飛び込み授業の威力、ふたたび

人生初の飛び込み授業が無事終了。 感動しているけどまだうまく言語化できないので、一言だけ。 『学び合い』に出会えてよかった! これからゆっくり言語化していこう。

『学び合い』にしてよかった

今日、支援に入っている学校で、M2の先輩が『』の授業をした。 数学の授業だった。 その先輩の専門は英語なのだけれど。 こういう時、"『』は考え方である"ということを実感する。 巷の教育スタイルや授業実践は教科の特性に依存しがちなものが多いような印…

飛び込み授業の威力

本日、同期の1人がM1初の飛び込み授業に挑戦するので、はるばる埼玉まで参観に行ってきた。 いろいろ言いたいことはあるのだが、あえて一言でまとめてしまうと 「飛び込み授業でこんなに変わるんだ」 ということ。 西川研究室に入ってから、事あるごとに「た…

教採の面接と『学び合い』

教員採用試験の2次試験が迫ってきている。お盆が過ぎたら怒涛のラッシュである。つるべ落としのように時間が過ぎていくんだろうなぁ、と思う。 「講師経験あり、教職大学院で学んでいる、こんな素敵な人材が他にどこにいる!」という自負が半分、「そうは言…