「燕まちあそび部」というなんだかおもしろそうな取り組み

今朝新聞を眺めていたら、おもしろそうな記事が目に飛び込んできた。

f:id:bookmarker330:20200812105737j:image

新潟県燕市内の高校生が参加する、市の資源を生かして遊ぶプロジェクト「燕市役所まちあそび部」がスタートしたそうだ。

 

コーディネーターを務める慶応大の特任准教授の方の「まちの大人や物を使って遊ぶことができれば大成功。守らなくていけないのは、法律だけ」というスタンスも、大胆かつ素敵な考え方だと思う。

 

最低限の縛り(=法律)は守らせた上で、課題達成のために何が使えるか(=利用可能な市内の施設、物資)を提示し、あとは子どもたちに考えさせる。『学び合い』の考え方と通ずるものがあるなと感じた。

 

●市役所で鬼ごっこ

●空き家を改造

バンジージャンプ…etc

 

具体的な案までは出ていなかったけれど、挙げられたアイデアはどれもおもしろそう。

”まちあそび”なので、高校生が地域と関わる機会が増えそうなのもいいなぁ。

 

私が高校生だったときのことを振り返ってみると、はたして私は”遊んで”いたのだろうかとふと考え込んでしまった。

 

平日は毎日15時くらいまで授業があり、その後は部活で剣道の稽古。自転車で家に帰ったら疲れて寝てしまうか、余裕があれば翌日の授業の予習をする。

休日は半日稽古をしたり、場合によっては練習試合等で1日部活をしていることも多かった。花見の時期は友達と一緒に高校近くの公園に行ったりしたが、高校生の時に遊んだ記憶というのはその程度。別に強豪校というわけでもなかったけれど、部活漬けの青春(?)だったような…

 

そもそも私が高校時代を過ごした田舎で”遊ぶ”と言えば、

・映画に行く

・ショッピングセンターに買い物に行く

・プリクラをとる

くらいしか選択肢がなかった気がする。しかも、都合よくバスや電車があるわけでもなく、移動はもっぱら自転車である。体力とやる気がないと遊びにも行けない笑

 

今は1人1台スマホを持つ時代になったので”遊び方”も以前とは変わってきているのだろうけど、リアルの世界で遊ぶとなれば選択肢は似たり寄ったりじゃないのかなと思う(現役高校生に聞いたわけではないので、私の思い込みではあるけれど)。

 

小学生とか、もっと幼い頃は、同じ地区の子どもたちとそれこそ学校帰りに「制限時間内にあの目印まで着いてないと罰ゲーム! じゅー、きゅー、はーち・・・(勝手に始まる)」と誰かが言い出し、きゃあきゃあと声をあげながら走って遊ぶ、というような、今考えると「なんてくだらないんだ…!」と思うような遊びが自然発生的に生まれていた気がする。

 

あり余るほど時間があったせいなのか、「やるべきこと」がそんなになかったせいなのか、小さい時の方が発想は柔軟だったし、何でも遊びになった。

 

「学校」という枠にはまる時間が長いほど、柔軟性や創造性は失われてゆくのか。そうだとしたら悲しいし、なんとかしたいと思う。

 

今回の「燕まちあそび部」の取り組みは、意識的に”遊び”というある種の余裕というか(いい意味で)くだらないことを生み出せるプラットフォームになりうるのではないか、とひそかに期待している。

教員の産休に関する記事を読んで、自分ならどうするか教員の卵が考えてみた

中3の生徒がある掲示板に「担任の先生が妊娠」というタイトルで大好きな担任の先生が10月で産休に入ることに対するやりきれない思いを吐露し、それに対して様々なコメントが寄せられたという記事を目にした。

article.yahoo.co.jp

 

実際の掲示板のトピックがこちら。

mikle.jp

 

記事の中では、寄せられたコメントのうちいくつかを紹介していたのだが、中3の担任の妊娠に対して困惑する声として以下のコメントが引用されており、それを見て「うーん…」と考え込んでしまった。

「業務の特殊性上、一年単位で年度内の業務を遂行する責任はあると思います。一般的な企業勤め等に比べ、その責任は大きい。教職は女性も多い職場なだけに、一昔前は、妊娠希望(予定)のある先生は、少なくとも1年生や最終学年の担任は持たないという不文律がありました」

 

掲示板をざっと確認したところ、上記と似たようなコメントがいくつか見られた。

もし私が教師で、結婚したら、しばらく3年の担任は持たないようにします。

あるいは、3年の担任にならないうちに妊活します。

 

もちろん、結婚したら妊娠するのは自然な事ですけど、女性である前に、教師ですからね。

 

学校にクレームはいいませんが、我が子の担任だったら残念でしかたありません。高校が付属であればなんとも思いませんが、みんな進学を目の前にしている子供たちの担任でしたら、憤りを感じてしまいます。

その為に妊活を控えることはできるはずです。

 

私が公務員になろうと思ったのは、母に「公務員の方が産休・育休を取得しやすい」と言われて育ったからでもある。地方で女性が働いて生きていくとしたら、民間より公務員の方が制度的にはしっかりしていると思っていた(特に調べたりはしていなかったが)。

 

ただ、教育公務員となると事情は異なるようだ、というのは講師として現場で働いていたときからうすうす感じていた。

 

やはり、担任、しかも受験を控える最高学年の担任ともなると、どのような事情であれ途中で投げ出せば批判をうけるのだなぁ、というのを上記のコメントを読んでいて改めて突きつけられた。

 

今描いているライフプランが全くあてにならないというのはすでに経験済みだ。私が公立の教員になる頃には、年齢的に院の同期とは約3年、大学時代の同期とは約5年のハンデを抱えていることになる。講師時代の3年間、大学院時代の2年間は私にとって大きな財産だし、いい選択をしたと思っているけど、確実に時間は経過している。

 

一方で、妊娠・出産にはリミットがある。最近は晩婚化や医療技術の進歩で高齢出産も珍しいことではなくなっているが、それでも負担が大きいことは確かだ。しかも自分がタイミングよく妊娠・出産できるような身体かどうかはわからない。

 

その時々の状況によって変わってくるとは思うけど、きっと私は神経質なまでにタイミングを考えて妊活するんだろうなと思う。「子どもは授かりもの」とはいえ、生徒であれ、同僚であれ、保護者であれ、まわりに迷惑をかけることを気に病むたちだから。

 

そして、何かあった時のために普段から人の1.5~2倍くらいのペースで仕事をこなし、政治ができるように職場で根回しを欠かさないように振る舞うんだろうな。

 

そこまでしなければ妊娠・出産できない職場もどうかと思うのだが、現状教育現場が人手不足でひっ迫しており、受け持ったクラスを途中で投げ出してしまうことに対し批判的な風潮がある以上、きっと私はそうせざるを得ない。

 

どうやったら変えられるのかなぁ…

『思考の整理学』(外山滋比古)再読

先日、お茶の水女子大学名誉教授の外山滋比古さんが亡くなった。96歳だったそうだ。

 

外山さんと言えば『思考の整理学』である。

思考の整理学 (ちくま文庫)

思考の整理学 (ちくま文庫)

 

 たしか私が大学生くらいだった時、「東大・京大で1番読まれた本」としてメディアで取り上げられていたような記憶がある。私の手持ちの本にも、本の表紙の半分以上を覆う勢いの帯にそう書かれている。

f:id:bookmarker330:20200810124934j:image

 

『思考の整理学』について思い浮かべると真っ先に出て来るのが、「グライダー人間」と「飛行機人間」の例えである。

 

 学校はグライダー人間の訓練所である。飛行機人間はつくらない。グライダーの練習に、エンジンのついた飛行機などがまじっていては迷惑する。危険だ。学校では、ひっぱられるままに、どこへでもついて行く従順さが尊重される。勝手に飛び上がったりするのは規律違反。たちまちチェックされる。やがてそれぞれにグライダーらしくなって卒業する。(p.11)

 

本の冒頭に登場する比喩なのだが、言い得て妙だなぁと思い、強く印象に残っている。

 

子どもたちがみんな席に座って黒板の方を向き、先生の説明を聞いて学んでいる(気になっている)のを、自力では飛べないので風が吹く方向に従って飛んでいくしかないグライダーの様子に例えているのが、これ以上の表現はないのではないかと思うくらいぴったりとはまっている。

 

現在の学校教育でも、”飛行機人間”は居づらい思いをしているのだろう。もしくはドロップアウトしてしまっているかもしれない。

 

N高などの広域通信制フリースクール等、”飛行機人間”の居場所になるような学校が登場してはいるが、学校が飛行機人間を排除してしまうのではなく、1人残らずみんなが共に学べるような場になったらもっといいのに、と思う。

 

そして、グライダー要素が強かったとしてもエンジンを搭載させるにはどうしたらよいのか考えていかなければならないと感じた。もちろん、みんながみんなエンジンを持たねばならないというわけではないのかもしれないけれど。

 

ただ、外山さんが本の中で指摘しているように、グライダー能力と飛行機能力の両者はひとりの人間の中に同居している。教師があれこれと気をまわしてやってしまったり、ルールで必要以上に縛ったりしなければ、子どもたちは自身の持つ飛行機能力を発揮し、羽ばたいてくことができるのではないか、と思ったりもする。

生きるための仕事+ライフワーク

昨日の、みんなde『学び合い』フォーラムでの山口さん(大阪・生野区長)のお話で、

「右手に飯の種、左手にライフワーク」

というフレーズが出てきた。

 

山口さんは28歳で起業し、企業や自治体の広報代行や企画・職員研修に関わる一方、「経済格差を教育格差にしない」をテーマに活動をされてきたそう。

www.city.osaka.lg.jp

今の私とほとんど変わらない年齢で起業していることがまず驚きだし、生きるための仕事だけでなくライフワークがあり、信念をもって活動されているその姿がかっこいいなぁと思った。

 

私は今のところ公立の教員として働く予定だが、果たして私にとっての「飯の種」と「ライフワーク」って何なんだろう、とふと疑問に思った。

 

おそらく、一地方の教育公務員として働くことは私にとっての「飯の種」なのだろうと思う。

 

では、「ライフワーク」は?

 

ぱっと思いついたのは「1人も見捨てない教育の実現」という言葉だけれど、本当にそうなのだろうか。即答できない自分がいるのは確かだ。

 

実際に働いてみないと見えてこないことはたくさんある。今は、自分のクラスのことだけではなく、学年、学校、地域、日本の教育へと目を向けて行動しよう!、と思っていても、結局近視眼的になってしまうおそれもある。

 

うーん、「ライフワーク」って難しいなぁ。

 

母に上記の話をしたら、

農業は「飯の種」かつ「ライフワーク」だね!

というお言葉を頂戴し、不覚にも「お、かっこいい」と思ってしまった笑

 

とりあえず私の第二の社会人生活は公立学校の教員という形で始まりそうだが、1つの仕事に人生を捧げようという気はそれほど強くない。

 

公立が合わないなと思えば私立に行く手もあるし、N高のような通信制の高校もある。今はないような「新しい学校」が今後出て来る可能性もあるし、教員以外にも教育へのかかわり方はいろいろあることを知った。副業(複業)にもちょっと興味がある。

 

なんにせよ、常に学び続け、自分を売り込めるような武器を持っていないといけないという思いは私立で講師をしていた時からずっとある。

 

もちろん、私の替えなんていくらでもいるだろう。

私がいなくたって学校も社会もそれなりに回っていく。

 

それでも「私にはこれができる」という自分にしかない売りがほしい。

まぁ。その売りのひとつが『学び合い』なのかもしれないのだが。

『学び合い』フォーラム2020に参加して

今日は、みんなde『学び合い』フォーラムに参加した。

minnano.online

 

基調講演1 大阪市生野区山口照美さん

「一人も取りこぼさない学校・まちづくり〜経済格差を教育格差にしないために〜」

現在キャリア教育の研究をしていることもあり、”学校・まちづくり”というキーワードにわくわくしていた。「こどもや親が「しんどい」と気軽に言える相手が、たくさんいるまちにする」という生野区のコンセプトは素敵だと思う。

さまざまなお話の中で特に心に響いたのは次の2つ。

 

「居場所」と「持ち場」のあるまちへ

「居場所を作ることが大切」という話はよく耳にするのだが、「持ち場」というキーワードは初めてで印象的だった。

居場所はもちろん必要なのだが、自分が貢献できていると感じられる場としての「持ち場」があれば、人はそこで生きていきたいと思うのだろう。その持ち場を外に探すのではなく、自身の地元でそういった場所を見出すことができれば、人口流出問題も改善されるのではないかと感じた。

「難しい」は思考停止ワード

「前例がないから(難しい)」「予算がないから(難しい)」など、私も含め多くの人は「やらない言い訳」として「難しい」という語を使いがちなのかもしれない。「難しい」と思考停止するのではなく、あの手・この手・その手以上にたくさんの手を打てるようになりたい。

 

 

分科会 深山 智美さん(長崎県小学校教員) × 高橋 尚幸さん(福島県小学校教諭)

『学び合い』と共にある教師としての生き方〜私たちにとっての”一人も見捨てない”とは?〜

私自身あまり人に頼るのが得意ではなく、「自分でやったほうが早い」と思ってしまうタイプだったので、生徒には「1人も見捨てないことは得だよ」と言うものの、心のどこかで信じ切れていない部分があるなぁと感じていた。

 

髙橋さんのお話で、在り方としての『学び合い』と生き方としての『学び合い』というフレーズが出てきたのだが、「自分自身が「1人も見捨てないことの有益さ」を実感して生活していくこと」「より多くの同僚と折り合いをつけて生活していくこと」の2つが重要なのだと感じた。

 

私の中にある「人に頼るのが得意ではない」「自分でやった方が早い」というのは20数年間生きてきて積りに積もった性格だと思うので、まわりと折り合いをつけるのはもちろん、自分の中にあるそうした思いにも折り合いをつけていかなければならない。

 

深山さんは西川研究室OGで、教員をしながら今でも取材を続けていらっしゃるのだそう。取材を通してさまざまな方と対話を重ねてきた経験をもとにご自身の考えを話されている姿が印象的だった。また、「個別最適化が自己最適化に通じる」というお話にはなるほどと思った。

 

分科会を通して、「1人も見捨てないこと」について考え直すきっかけを得られた。

 

 

全国各地の『学び合い』の会(北信越

今回のフォーラムでは、全国の『学び合い』の会の主催者が集まり、地域ごとに交流するという機会があった。私は北信越のセッションに参加して、石川・福井・長野・新潟の方々と交流させていただいた。

オンラインで全国とつながることができるようになったとはいえ、自分のいる場所の近くで『学び合い』を実践している方がいて、その方とお話ができるというのはとても心強い。

 

北信越Aのセッションでは評価の話で盛り上がった。成績をつけるための評価と、生徒自身の成長に関する形成的評価をどうするか、テストをどうするか等、2学期の非常勤講師生活に向け、有益な話を聞くことができた。実際にテスト作って成績つけるのって責任重大だなぁと身構えていたので、すこし気持ちが軽くなった。

 

また「北信越の会」として2か月に1度くらいのペースで集まる会が発足しそうで、それもまた楽しみ。

 

 

今回の『学び合い』フォーラム2020では、『学び合い』を実践されている方、『学び合い』に興味のある方が全国にたくさんいらっしゃることを再確認した。

 

このフォーラムをきっかけにこうした方々とつながり、『学び合い』の会の主催者を増やしていくことで、全国に『学び合い』の輪を広げていきたいと思った、そんな素敵な1日だった。

LX DESIGNという素敵な企業を元同僚の先生から紹介してもらった話

今日は、以前講師をしていた際に同僚として一緒に働いていた先生とZoomでお話しする機会があった。

 

その方は常に新しいことに挑戦し、常に前を向いているようなエネルギッシュな先生で、どんなお話が聞けるのか楽しみにしていた。

働いていた際は、なかなか1対1で話す機会がなかったので新鮮だった。

 

今日は主に高校でのキャリア教育の話をしたのだが、その中で「LX DESIGN」という企業を紹介してもらった。

www.lxdesign.me

LX DESIGNは、全ての子どもたちに未来が広がる学習機会の提供を目指して、オンラインでのキャリア教育を推進している企業なのだそう。

 

全国37のNPOや大学、学生団体等と連携し、全国どこからでも約1000名の大学生に進路相談ができる「ソーシャル進路相談プラットフォーム”imAdoki”」や、外部の専門的な人材と学校とを結ぶ「複業先生」という事業をしているそうだ。

概要を聞いただけでもワクワクしてしまう。

 

今日お話しさせていただいた先生は、LX DESIGNの代表である金谷智さんと以前トークセッションをされたことがあるらしい。「生徒には「世の中にいろいろな働き方があるよ」と言っていても、「でも先生の働き方は1つしかないよね」と言われたら説得力ないからさぁ」と笑いながら話してくれた。

話を聞いていて、どんどん先に進んでいると感じた。すごいなぁ。

 

振り返ってみると、都内の私立で講師として働いたことは私にとって大きな財産になっている。

東京は日本における情報の集積地であり、地方に比べるとさまざまな情報が入ってきやすい環境である。そして、私立は公立に比べれば新しいことを導入しやすいという肌感覚を得ることができた。

私の元勤務先はコロナ下で休校が決まった後Zoomを活用した授業を実施していたと言うし↓

bookmarker330.hatenablog.com

 

改めて、どのような環境にいたとしても、アンテナを高くしておきたいなと感じた。

夏休み前のロスタイムのような期間を振り返って

夏休み前に授業をするのは今日で終わり。

1学期の考査が終わった後から夏休みまでのロスタイムのような期間を無事乗り切ることができた。

 

コロナウイルスの影響で休校になるという予想外のスタートから、授業担当者が途中で代わり、かつ私がぱっと見だと今までとは違うよくわからん授業を展開するという慣れない状況の中で、生徒たちはよく取り組んでくれたと感じる。

 

生徒たちが振り返りに書いてくれたコメントを見ていると、人によって感じ方は全然違うなぁと思う。

 

伝わっていそうな生徒もいれば、そうでない生徒もいる。しかも顔と名前が一致していないので、なおさら。

 

生徒たちの思いには寄り添いたいけれど、全てを叶えることはできない。2学期はお互いに折り合いをつけて授業をしていく必要がありそうだ。

 

そして、今日は可視化の方法を誤ってしまった。諸々の条件や状況を考えると致し方なかった面もあるのだが、生徒たちへの配慮が足りていなかったと反省。2学期の最初に生徒たちに謝ろう。

 

「授業の終わりにミニテストをして、全員が5点中4点以上取る」というような課題を設定したとして、その課題の達成状況を可視化するにはどうすればよいのだろうか。

 

本を読んだり、人と話したりして、いろいろなバリエーションを自分の中に持っておきたい。

 

2学期の最初はまた語り直しになると思うので、生徒からのコメントをもとに授業や課題を組み立てなければ。

 

後期は学校連携プロジェクトも始まるので、時間に追われないように折り合いをつけてやっていきたいな。

 

欲張るとろくなことがないので、したたかに。