教育相談用ノートを作ろう

今日から教育相談スタート。

 

8人と話をして職員室に戻ったら、隣の机のベテランの先生も今日の分の教育相談を終えて戻ってきたところでした。

 

「教育相談は初めてなので、これでいいのかよくわからないんですよね」とこぼしたら、その先生は教育相談でどんなことを聞くのか教えてくれました。

 

そして、「教育相談用にノートを1冊作るといいよ」と言い、ノートを見せてくれました。

 

教育相談用にノートを作るというアイディア、さっそく真似しようと思いました。

人の時間を大切にできない現場は崩壊に向かっていくんだろうなぁ

知り合いのAさんが再就職先を探す際に起きた出来事。

 

Aさんはある企業に面接をしてもらえることになったのですが、その企業に指定された時間がお昼の11時からだったそうです。

 

管理職が面接に立ち会う予定だったのですが、取引先との商談のため遅れるとのこと。

 

「先に適性検査を」ということで、11時から13時まで2時間ぶっ通しで適性検査を受けました。

 

Aさんが「ここで休憩かな?」と思っていたら、「もう少しで管理職が戻ってくるので面接をします」と言われ、人事担当者が30分ほど質問をして場つなぎ。

 

13時半から管理職が合流しての面接が始まったのですが、Aさんが話したのは全体の3分の1ほど。管理職が話しに話し、1時間の面接が終わりました。

 

合計3時間半の長丁場を終え、Aさんは「もし内定をいただいたとしても、この企業には就職できないなぁ…」と感じたそうです。

 

11時から面接となれば、始まる前に何か軽く食べてから面接に臨むのがマナーなのでしょう。

 

それにしても、Aさんが11時から2時間の適性検査を受けたということは、試験監督の社員さんもその時間ずっと適性検査の会場に張り付いていなければならなかったということ。

 

「お昼の時間帯に昼食時間をとれなくても仕方ない」ということを企業自身が言っているようなものです。

 

ただ、これと同じようなことが学校現場でも起きているのではないかなと思います。実習生の指導をしていると「教員は定時には帰れない」ということを教員自身が示してしまっている気がします。

 

私はなるべく授業の空き時間を実習生との打ち合わせに使うようにしています。しかし、6時間中5時間授業が入っているなんてことも多く、指導や打ち合わせは放課後になることもしばしば。放課後に部活動をしていれば、実習生の指導はそのあとにならざるを得ません。

 

ワークライフバランスを重視する人は、教育実習を経験したら「教員だけは勘弁!」となってしまうでしょう。

 

人の時間を大切にできない現場はゆっくりと崩壊に向かっていくんだろうなぁ。

 

なんとかしたいけど、連日夜8時9時の残業に甘んじている自分もいて、どうしたらいいのかよくわかりません。

教育相談担当の先生のありがたい一言

来週から教育相談が始まります。

 

4日間にわたり、担任するクラスの全ての生徒と話をします。1人あたり10分。30人学級なので、1日あたり7〜8人の生徒たちと話をすることになります。

 

教育相談の前に生徒たちにアンケートを取り、今抱えている悩みや今頑張っていることなどについて書いてもらいます。

 

さーっと目を通したのですが、びっしりと書いてくる生徒もいれば、1行で終わっている生徒もいます。

 

今週は、仕事をしながら「どうやって教育相談を進めていけばいいかなぁ」と頭の片隅で考えていました。

 

そうしたら、教育相談担当の先生がすーっと私のところに近寄ってきて「○○先生(=私)、教育相談について不安や心配なことはない?」と聞いてくださいました。

 

「不安だらけですね」と正直に話したところ、「何人かの先生に教育相談のやり方を聞いた内容をまとめて渡そうと思ってたんだけど、いる?」という、うれしい申し出が。

 

すぐに「いいんですか? ほしいです! お願いします!」と飛びつきました。

 

その教育相談担当の先生は、学級経営が上手で、生徒たちからの信頼も厚い方です。

 

まわりへの配慮もとても行き届いていて、いつも「すごいなぁ」と思います。

 

こういうところ一つとっても、まわりに恵まれているなと思うし、私もこの先生のような存在になれたらいいなと感じます。

遠足が延期になった生徒たちをどうフォローするのか問題発生

本日は遠足の予定だったのですが、コロナ関連で急遽学校全体が臨時休業になり、行けなくなりました。

 

中止ではなく延期なので、なんとか別日で実施できないか模索している最中ですが。

 

生徒たちは前日までとても楽しみにしていたので、月曜日にどうフォローすればいいかなぁ…というのが頭の片隅にあります。

 

今日の職員室は大騒ぎでしたが、校舎は生徒たちのいないのでひっそりとしていました。

 

いろいろな仕事をてきぱきとこなし、久しぶりの定時退勤。

 

さて、どんな顔で、どんな言葉を持って、月曜日に生徒を迎えようかな。

実習生の指導も『学び合い』のセオリー通りなのかも

自分の激務ぶりについてブログに書いたのはつい5日前↓

bookmarker330.hatenablog.com

 

Facebookで記事をシェアしたら、『学び合い』を通して知り合った先生からコメントをいただきました。

それは大変ですね。背負い込み過ぎないよう、細部で出来ないことは諦める思考をお持ちください。
ただ、『学び合い』セオリーで行くとちょうど先生くらいの歳の方の先輩の話が実習生には効くのではないでしょうか?
下手に先輩に任せるよりもよいかもしれませんよ!
とにかく先生にも利があるはずです。それを楽しんでください!

 

このときはかなりしんどい時期だったので、「セオリー通りにいけばそうなんだろうけど…」と、その先生のおっしゃることが腑に落ちない状況でした。

 

昨日、とうとう私も実習生も煮詰まってしまったので、ベテランの知恵を借りることにしました。

 

私と実習生、ベテランの先生と3人で授業検討会をし、場面ごとのポイントを教えていただきました。

 

いただいたヒントをもとに授業を組み立てていくわけなんですが、どうもうまくまとまりません。

 

私と実習生の2人してウンウンうなりながら考え、やっと次の授業のゴールとそこまでの道のりが見えてきました。

 

そのとき、ふと「これが、『学び合い』のセオリー通り」ってことなのかなと感じました。

 

理解のレベルに差がある人同士で教え合ってもなかなか上手くいきません。

 

その点、2年生を教えたことがないのでストックがない私は、実習生と同じようなレベルなので、かえって良かったのかもしれません。

 

私に教育実習生の指導担当が務まるのかとずっと疑問でしたが、実習生と同じような目線に立てるというのは、ある意味アドバンテージなのかなと思いました。

何で自分を表現する?

ダンス日本一決定戦の「THE DANCE DAY」を見ています。

 

月並みな表現ですが、どのチームもすごいなぁと思います。パフォーマンスが始まると、画面に目が釘づけです。

 

「THE DANCE DAY」の出場者は、ダンスを通して自分を表現しているのがよくわかります。

 

"自分を表現する手段"は、人によってさまざまです。

 

書いたり、話したり、描いたり、踊ったり、作ったり…

 

私ならこのブログかな。

 

生徒たちにも、自分を表現する手段をいろいろ持っていてほしいなと思います。