「燕まちあそび部」というなんだかおもしろそうな取り組み

今朝新聞を眺めていたら、おもしろそうな記事が目に飛び込んできた。 新潟県の燕市内の高校生が参加する、市の資源を生かして遊ぶプロジェクト「燕市役所まちあそび部」がスタートしたそうだ。 コーディネーターを務める慶応大の特任准教授の方の「まちの大…

教員の産休に関する記事を読んで、自分ならどうするか教員の卵が考えてみた

中3の生徒がある掲示板に「担任の先生が妊娠」というタイトルで大好きな担任の先生が10月で産休に入ることに対するやりきれない思いを吐露し、それに対して様々なコメントが寄せられたという記事を目にした。 article.yahoo.co.jp 実際の掲示板のトピックが…

『思考の整理学』(外山滋比古)再読

先日、お茶の水女子大学名誉教授の外山滋比古さんが亡くなった。96歳だったそうだ。 外山さんと言えば『思考の整理学』である。 思考の整理学 (ちくま文庫) 作者:外山滋比古 発売日: 2013/08/02 メディア: Kindle版 たしか私が大学生くらいだった時、「東大…

生きるための仕事+ライフワーク

昨日の、みんなde『学び合い』フォーラムでの山口さん(大阪・生野区長)のお話で、 「右手に飯の種、左手にライフワーク」 というフレーズが出てきた。 山口さんは28歳で起業し、企業や自治体の広報代行や企画・職員研修に関わる一方、「経済格差を教育格差…

『学び合い』フォーラム2020に参加して

今日は、みんなde『学び合い』フォーラムに参加した。 minnano.online 基調講演1 大阪市生野区長 山口照美さん 「一人も取りこぼさない学校・まちづくり〜経済格差を教育格差にしないために〜」 現在キャリア教育の研究をしていることもあり、”学校・まちづ…

LX DESIGNという素敵な企業を元同僚の先生から紹介してもらった話

今日は、以前講師をしていた際に同僚として一緒に働いていた先生とZoomでお話しする機会があった。 その方は常に新しいことに挑戦し、常に前を向いているようなエネルギッシュな先生で、どんなお話が聞けるのか楽しみにしていた。 働いていた際は、なかなか1…

夏休み前のロスタイムのような期間を振り返って

夏休み前に授業をするのは今日で終わり。 1学期の考査が終わった後から夏休みまでのロスタイムのような期間を無事乗り切ることができた。 コロナウイルスの影響で休校になるという予想外のスタートから、授業担当者が途中で代わり、かつ私がぱっと見だと今ま…

2:6:2は本当だなぁ

非常勤講師先は今週まで授業。 夏休み前最後の授業で、生徒たちには振り返りシートの余白にこの授業全体の感想を書いてもらっている。 ちゃんとしたアンケートを作ろうかと思ったのだが、項目をどうしようか迷って結局作らなかった。 生徒にとっては、急に来…

人のふり見る前に我がふり直せ

昨日、ある生徒が発した「連帯責任」という言葉についてぼんやりとした違和感があることをこのブログに書いたら、さまざまな方からコメントをいただいた。 SNSを通して自分が困っていることについて発信することによって、アドバイスをいただいたり、自身の…

連帯責任…なのか?

非常勤先では今週は夏休み前最後の週なので、10分短縮の午前授業。 今日も2コマ授業をしてきた。 その2コマの中には、先週の段階でどうにもうまくいっていなくて「困った…」となっていたクラスもあった。 「表出している”悪い面”は私にはどうしようもない」…

『マーケティング・インタビュー 問題解決のヒントを「聞き出す」技術』(上野啓子)読了

マーケティング・インタビュー―問題解決のヒントを「聞き出す」技術 作者:上野 啓子 発売日: 2015/07/17 メディア: Kindle版 同じゼミの研究生の方から紹介していただいた一冊。 見切り発車的にインタビューを始めてしまったため、インタビューのやり方その…

高校の先生へのインタビュー、開始!

企業の方へのインタビューが7月半ばで終わった。 始める前は協力してくれる企業がいるのだろうかと心配でしかたがなかったが、ふたを開けてみれば地元企業の20社以上、80名を超える方々がインタビューに協力してくださった。感謝の気持ちでいっぱい。 今日…

西川先生はすべてお見通し

今日の学年ゼミで西川先生に不安な心境をそっくりそのまま伝えた。 「4クラス中1クラスだけどうもうまくいかなくて困っています。そのクラスに行こうとすると足が重たくなるんです。教室の空気も重いし、教室の真ん中あたりで一人が作った解答を写してやった…

負のスパイラルだな、これは

ここ最近、このブログがその日1日の授業のリフレクションになっている。 今日は担当する高3の4クラス全てで授業があった。 1日に全クラスあると、それぞれのクラスの違いがよくわかる。 終了20秒前まで粘りに粘って全員達成するクラス。 難しい課題でも自分…

困ったときは本に立ち返る

ここ最近は授業後の心の振れ幅がジェットコースターみたいになっている。 一喜一憂したところでしかたないので、もっと大局的な視点が必要だと思うのだが、なかなかそうもいかない。 昨日は「うまくいってないー」「どうしようー」とブログやフェイスブック…

『学び合い』だと全ては自分に返ってくる

先週、課題を欲張りすぎて大失敗したのが尾を引いている。 今日は3クラスとも全員達成したけど、知らず知らずのうちに生徒たちの力をみくびっていたのだと思う。 「午後の授業で集中力切れてるだろうから」とかいくらでも言い訳はつけられるけど、結局私が生…

結局は生徒に対して率直に、誠実に語るのが一番

今日は朝イチから2コマ授業。 どちらのクラスも先週私が課題を欲張りすぎたせいで失敗したクラス。 朝から気分が重かった。 4連休を使って夏休みまでの授業で使う課題を一通り作ったのだが、「これでいいのか」と心配だった。 それでも授業はしなければな…

母に「研究室のみんなで書いた本」のレビューをもらった話

西川研究室のみんなで書いたオンライン授業の本が出版され、ゼミ生ひとりにつき2冊ずつ配られた。 子どもが「学び合う」オンライン授業 作者:西川 純 発売日: 2020/07/18 メディア: 単行本 ゼミ室の自分の机の上にこの本が2冊並べて置いてあったのを見た時…

"誘われ待ち"の自分よ、さようなら

他ゼミの同期の子とご飯を食べに行ってきた。 3月ごろご飯行こうねって言っていたのだが、コロナウイルス大流行のため断念し、そのうち授業が始まったり教採が近づいてきたりでバタバタして、先週でやっと怒涛の教採一次試験シーズンが終わった。 この4連休…

『学び合い』の課題を作成していたらマインドセットが変化する、の巻

『学び合い』の課題を作っていると、自身のマインドセットが崩れ去るような感覚がある。 私はいわゆる一斉授業で育ってきたし、『学び合い』に出会う前は一斉授業をしていた。おそらく私の中には、知らず知らずのうちに「一斉授業のマインドセット」ができて…

「つらいなら逃げればいい」と人は言うけれど…

先日、父方の親戚からお中元が届いたお礼にと電話がかかってきて、私が受けた。 私にとっては伯母にあたる人なのだが、住んでいる場所が離れているためか、なかなか顔を合わせる機会はない。 近況報告をいろいろとしていたら、その伯母さんから、 「なんで講…

『学び合い』の最後の語りのときに感じたこと

昨日の失敗をもとに課題を修正したので、今日は多少リカバーできた。 同じ科目を全クラス分担当しているので、あるクラスで何かあったときは、その後他のクラスで修正して様子を見ることができる。 ただ、始めの方のクラスを実験台にしているような感覚が拭…

『学び合い』の課題の量と難易度が読めない…

『学び合い』の本には「上位2割の子が10分程度で解き終わる量」というのが、課題の量・難易度の目安として載っている。 ただ(当たり前のことなのだが)、課題の量や難易度がその集団の子たちにとって適切かどうかはやってみないとわからない。 ある程度教員と…

非常勤講師生活スタート

今日から非常勤講師としての生活がスタートした。 すでに、大学院生、(平日は毎日)バイト、(自称)ハンドメイド作家と、二足のわらじどころではなく、四足目に突入しているのだが。 今日は午前中2コマ。 終わってみれば、最初から『学び合い』にしてよかっ…

西川研究室のみんなとオンライン授業の本を書いた話

西川研究室のみんなと一緒に書いた本が先日発売された。 子どもが「学び合う」オンライン授業! 作者:西川純 発売日: 2020/07/10 メディア: Kindle版 私も執筆者の一人なので、自分が書いた章の後ろと本の最後に名前が載っている。 まさか、世に売り出される…

『学び合い』やってみたいけどちょっと不安だったので、先輩に相談してみた話

昨日、来週から非常勤講師としてお世話になる学校に行き、引き継ぎをしてもらった。 『学び合い』やりたい。 できることなら最初からやりたい。 こんな思いがあったので、同じ国語科の先生方に、 「コロナ対策ってどんな感じですか?」 「話し合い活動入れよ…

西川研究室は新しいことを始める環境が整っている

最近同じ研究室の後輩の成長(?)がすさまじい。 一人は、教採の一次試験が終わった途端、出身地である兵庫の『学び合い』の会を再開させ、事務を引き継ぎ、来週末オンラインで『学び合い』の会をするのだそう。 www.kokuchpro.com 西川先生が先日SNSで「『…

「ホームスクール」という選択肢

先日新聞を読んでいたら「ホームスクール」という言葉に遭遇した。 「ホームスクール」とは「学校に通わずに、時には学校に通いながら、家庭で学習するスタイル」を指すのだそう。オルタナティブ教育のひとつらしい。 homeschool.ne.jp ホームスクールは親の…

急に週10コマ以上非常勤講師をすることになった話

急遽来週の月曜日から非常勤講師として働くことになった。 今日久しぶりにPプラ(大学の就職支援センターのようなところ)に行き、面接練習の予約をしようと思ったら、いつもお願いしている先生の予約枠はいっぱい。人気の先生なので「まぁ、午後からじゃ間…

自分の心の中のことを棚卸しして言語化してみる(自己満足)

「あぁ、これ自分のことだなぁ」と思うツイートを見つけて、思わずリツイートしてしまった。 恋愛で重い人が嫌がられるって自分のことしか考えてないから一択。四六時中会いたがったり、自己満足のギブが多かったり。相手の身になって考えろ。想像力どこいっ…