研究について

高校の先生へのインタビュー、開始!

企業の方へのインタビューが7月半ばで終わった。 始める前は協力してくれる企業がいるのだろうかと心配でしかたがなかったが、ふたを開けてみれば地元企業の20社以上、80名を超える方々がインタビューに協力してくださった。感謝の気持ちでいっぱい。 今日…

聞いているつもりが聞いてもらっていた

今週分の就職した方へのインタビューは今日で終わり。 ただ、今日のインタビューはかなり衝撃的だった。 今やっているのは半構造化インタビューなので、完全にフリーというわけではなく、質問項目はあらかじめ4つほど決めてある。 多少脱線することもあるも…

ちょっとだけ拍子抜け

今朝、占いの今日の欄を見たら、 「ぬか喜びになることが起こりそう。片思いの人から連絡があって会う約束をしてもキャンセルになったり、順調だと思っていた仕事に邪魔が入ったりしそうです。」 とのこと。 今日のスケジュールでその可能性がありそうなのは…

その論文で何を言いたいのか

今日インタビュー先の方と名刺を交換したとき、20枚以上あったはずの名刺が残り2、3枚になっていることに気づいた。 今日ので通算8社、25名の方の話を聞くことができた。「どこも協力してくれないかもしれない(泣)」と弱気になっていたのが嘘のよう。 名刺…

コミュニケーション能力と『学び合い』

今日も今日とてインタビュー。 本日は従業員の方3名と人事の方1名で計2時間。 座りっぱなし、聞きっぱなしなのは大変だけれど、一人ひとりが語るストーリーはどれもおもしろく、インタビュー自体は楽しい。 この研究を始めなければ出会うことなどなかったで…

「役に立つ」って難しいな

「高校で学んだこと、経験したことの中で、働いてから役に立ったことはありますか?」 ↑個人研究のインタビュー項目のひとつである。 ふと「役に立つ」ってどういうことを言うのだろう、と疑問に思った。 コトバンクでは、「使って効果がある。有用である。…

インタビュー(する側)開始!!

個人研究のインタビューが今日から本格的にスタートした。 今日はある企業の人事担当者の方と40分ほどお話をさせていただいた。 実を言うと、インタビュー前は質問項目を選定するのにかなりてこずっていた。 聞きたいことはいろいろあるが、時間は限られてい…

案ずるより産むがやすし

現在、個人研究をコツコツと進めている。 私の研究対象は高卒就職者と地元企業の人事担当者なので、研究協力者を確保できるかが一番の心配事だった。 両親が会社を営んでいるわけではない。 友人に地元で起業している人がいるわけでもない。 地元企業や商工…

キツかったんだなぁ、私

2月の半ば以降から、研究協力のお願いのために駆けずり回っていた。 私の研究の調査対象は、高校の卒業生と就職先の企業。私だけでは調査協力者を開拓するのは難しいので、連携校や飛び込み授業などでお世話になった学校の進路の先生に、卒業生や企業の担当…

学校支援プロジェクトセミナー、無事終了

本日は学校支援プロジェクトセミナー。 私が在籍する教職大学院では、全ての院生が後期にあたる9〜12月の間に「学校連携プロジェクト」に入る。 長めの教育実習のようなもの、と言えばわかりやすいだろうか。 連携校のニーズを受けて連携テーマを決め、チー…

研究、一歩前進

今日は、個人研究への協力をお願いしている学校の進路の先生とお話をする機会をいただけた。 進路担当の先生が、前期まで同じ教職大学院の科目等履修生で、グループワークでご一緒したことがある方だったのでびっくり! 思わぬところで縁があり、繋がってい…

学校連携プロジェクトのまとめ

今、9月からの約4ヶ月に及ぶ学校連携プロジェクトの成果をまとめる文章を作っている。A4で6枚。論文ではないが、学術的な所作が求められるため四苦八苦している。 終わってみればあっという間だったな、というのが第一の感想だ。始まる前は「『学び合い』に…

研究の沼に突入

昨日の臨床教科教育学会て刺激を受け、「よし、研究を本格的に始めよう!」と決意した私。 さっそく手詰まり感満載である。 ・芋づる式に先行研究が出てくる ・どこから手をつければいいのかわからなくなる ・このテーマは研究する意味があるのか?、と思い…

臨床教科教育学会に参加してきました!

今日は、信州大学で行われた臨床教科教育学会に参加してきました。私にとって初めての学会です。 私はグループでの研究発表の一員だったので、個人での発表はしませんでした。 上越教育大学教職大学院のメンバーの発表が多数を占めたので、信州大でしたがな…